護身術・脳トレ・全身運動健康法の「なわて武術瞑想教室」

プロフィール

画像の説明

坂本 真司

1975年生れ/大阪府四條畷市在住/なわて護身術クラブ主宰

高校時代は剣道部で
そこそこ運動していましたが
大学では入ったテニスサークルに
馴染めず、運動から遠ざかりました。

運動神経は普通程度でしたが、
運動するのがそんなに好きではなく、
元々インドア趣味が多かったため
身体が衰え始めていました。

ヤバいと思い始めたのですが、
社会人になると仕事が忙しくて
休みにわざわざ運動する気が起きず、
運動不足になっていきました。

また結婚して子供ができると
さらに自分だけの時間がなくなり、
デスクワーク中心の仕事のため
どんどん不健康になってしまいました。

健康診断では要精密検査の
項目が出てきたり(無視しましたが)
運動しなきゃと思いながらも
出来なくて、イラついていました。

そして健康的な生活ができる
職場を求めて転職を繰り返しましたが、
あることに気づいたのです。

身体に負担の少ない職場は
精神的なストレスが大きく、
身体が弱るため不健康だと。

そして、心と身体の負担が軽い
健康的な仕事は、大体給料が
安すぎて家族を養えません。

これは社会の仕組み上、
自分一人では変えられないので
余暇を犠牲にして運動しなければ
心身をゆっくり壊してしまうのだ、と。

実際、私の周りでも
うつ病やその他の病気で
仕事を辞める人が多くいました。

なので、元々体力に恵まれた
運動好きの人でないと
生き残るのは難しいのではと
絶望しかけていたのです。

私は元々スポーツをするのは
あまり好きではありませんでした。

ですが格闘技は好きだったので、
ボクシングか何かをしたいと
考えていました。

しかしボクシングはジムに
通わなければいけなかったので
社会人にとっては少し
敷居が高く感じました。

そこでいろいろ調べて、
とある実戦中国武術を
習いにいくことにしました。

その中国武術は一人稽古の
内容が充実していることと、
覚える動きが少ないということで
私に適していると思ったからです。

(当時の私は動きを覚えるのが
 苦手だったのです)

そしてその中国武術の
一人稽古を続ける中で、
一ヶ月目に突然、運動能力が
劇的に向上したのです。

その時の感動は、
今もはっきり覚えていますが
上手く言葉にできません。

今まで出来なかった動きが
かんたんにできるようになり、
俊敏性が格段に上がりました。

身体を動かすのが
楽しくて仕方なくなり、
日常動作の全てを
トレーニングにできるようになりました。

そうするとドンドン動きが良くなり、
中年(アラフォー)になっても
衰えが全く感じられません。

おそらくまだまだ20年ほどは
動きを良くし続けられるでしょう。

運動が好きになったおかげで
四六時中小さな鍛錬をしているので、
健康診断の結果も良くなりました。

バランスボールの上にも立てるようになり、
綱渡りもできるように、ドリフトボードという
難しい乗り物にも乗れるようになったのです。

今では、武術の練習会を主宰し、
小学生から60代の方まで
ムリ・ムダのない鍛錬法を
楽しんでいただいています。

また、家族にもバランスボールの
乗り方を教えたところ、
嫁、息子、娘ともバランスボールの
上に立てるようになりました。

なぜバランスボールなどを
採り入れたかといいますと、
伝統的な武術の稽古だけでは
継続するのが難しいからです。

私は複雑な動きより
シンプルで地味な基礎練習が
好きですが、多くの人には
退屈だと思います。

そこで、どうすれば楽しんで
続けられるかを試行錯誤して
研究してきました。

その結果、忙しい社会人に最適な、
武術瞑想法が体系化できました。

この武術瞑想法は、
運動エリートや芸能人などの
セレブが作ったものではありません。

普通のサラリーマンでも
続けられて効果が
実感できるものになっています。

もしあなたが運動不足気味で
健康維持に不安があるなら、
ぜひ試してみてほしいと願っています。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional